TOPお知らせガス機器の凍結対策をお願いします
重要なお知らせ

ガス機器の凍結対策をお願いします

冬期間の特に冷え込む日や風が強い日は、主に給水・給湯配管が屋外に露出している場合に、

ガス機器内部や配管内に残った水が原因で、ガス機器・配管が凍結してしまう恐れがございます。

凍結すると、お湯が出なくなったり、ガス機器が故障したりといった不具合が生じることがありますので、

各ご家庭にて以下の凍結対策を行っていただけますようよろしくお願いいたします。

 

凍結防止ヒーターのコンセントを差し込む

毎年たくさんの方が、ヒーターのコンセントを差し忘れて配管を凍結させてしまいます。

ヒーターは電源さえ入っていれば、気温の低下時に自動で作動し、機器や配管の凍結を防いでくれますが、

電源が入っていなければ作動しません。コンセントが抜けていないか、もう一度確認してみましょう。

※配管凍結防止ヒーターのコンセントはガス機器本体のコンセントとは異なります。ご注意ください。

 

留守にするときも電気は切らないで

旅行や帰省で留守になさるときも、電気のブレーカーを落としたり、電源コードを抜いたりしないでください。

ヒーターの電源が切れてしまい、せっかくの凍結防止機能が働かなくなってしまいます。

 

配管が凍ってしまっても急激に過熱しない

もし配管が凍結してしまっても、熱湯等で急に温めないでください。

急激な温度変化により、配管が破裂・損傷してしまうことがあります。

凍結してしまった場合は自然解凍するのが一番安全ですが、すばやく解凍したい場合は、

配管にタオルを巻いて、その上から少し熱めのお湯(40℃前後)をゆっくりかけましょう。

 

湯沸器・風呂釜は毎晩最後の人が水抜きする

台所の瞬間湯沸器や浴室内の風呂釜は、冬の間は毎晩水抜きをしてからおやすみになってください。

凍結により故障してしまうと、原則として修理や交換で費用が発生します。

 

浴槽の水を抜いたままにしておかない(追炊き付き給湯器をご使用の場合)

追炊き機能付きの給湯器は、凍結防止のために浴槽内の水が必要です。

水があればポンプが自動で作動し、浴槽内の水を循環させて追炊き配管内の凍結を防止してくれますので、

冬期間は、長時間浴槽を空にしないでください。使わないときでも、必ず浴槽には水を張っておきましょう。

浴槽の水は循環口よりも上に残しておいてください。

 

これらのことを家族全員がきちんと理解する

誰か一人の不注意で、家族全員に迷惑がかかってしまうこともあります。

家族の一人一人が凍結対策を充分に理解して、快適な冬をお過ごしください。

 

それでもトラブルが発生してしまったときは…

それでもトラブルが発生してしまったときは、ご遠慮なく当社までご連絡ください。

当社スタッフが不具合の解消に向け努力いたします。

ただし、ご依頼が混みあっている場合はすぐにお伺いできないこともございますので、

あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

凍結時・緊急時のご連絡先はこちら

本社・若松支店:TEL 0242-28-1311(代表)

福 島 支 店:TEL 024-545-2118

郡 山 支 店:TEL 024-946-0011

猪  苗  代  支  店:TEL 0242-62-4751

坂 下 支 店:TEL 0242-83-0255

一覧へ