緊急時に備えて

若松ガスではこのように地域のインフラを担う企業として毎年1回BCP(事業継続計画)を含めた防災訓練を実施しています。

社内防災訓練

社内防災訓練2019年9月7日
大規模地震を想定した防災訓練を実施致しました

若松ガス株式会社では、福島県を震源とするマグニチュードM7.2の地震を想定した防災訓練を実施しました。地震訓練とBCP訓練を同時に実施することにより、災害対応業務と並行して事業継続を行う上での課題などを検証し、総合的な災害対応力の強化を図っています。
若松ガス管内で最大震度6弱 SI値60カインの地震が発生したという想定のもと、中川社長を対策本部長とする対策本部を設置しました。想定にて二次被害を防止するためブロックによる供給停止訓練など、発災から初動対応に関する防災力を向上することを目的に実施しました。
若松ガスは、今後も地震などへの災害、防災への取組みを充実させ、より安全に安定したガスをお届けできるように努めてまいります。


【訓練時間】  2019年9月7日 8:30~12:00
【参加人数】  全社員185名
【想定地震】  震源:福島県
【規   模】  マグニチュード7.2
【震   度】  最大震度6弱
【S  I  値】  60カイン
【発   生】  9月7日(土) 9時25分ごろ

【訓練内容】
召集訓練、電話対応訓練、対策本部設置訓練、社内周知訓練
安否確認訓練、各事業所点検訓練、巡回連絡訓練、製造設備停止訓練
供給停止訓練、無線連絡訓練、ガス管漏洩修繕訓練

会津若松市総合防災訓練

会津若松市総合防災訓練2019年8月25日
北会津中学校にて

2019年8月25日、北会津中学校において雨による河川の氾濫を想定した市総合防災訓練が実施されました。
当社からは10名が参加し、ライフラインであるガス管の復旧訓練を行いました。

ページトップ