緊急時に備えて

若松ガスではこのように地域のインフラを担う企業として毎年1回BCP(事業継続計画)を含めた防災訓練を実施しています。

社内防災訓練

社内防災訓練2011年9月2日
大規模地震を想定した防災訓練を実施致しました

 3月の東日本大震災後、日々地震被害の対応に追われてきましたが、今回の震災の被害状況を踏まえ会社全体の防災力向上を目指し防災訓練を実施しました。
 今回の訓練は「二次災害防止と速やかな供給体制の復旧」をテーマに平日の朝8時に震度6強の大規模地震が供給エリア内で発生したとの想定で全役職員参加で行われました。
 東日本大震災での対応の反省を生かし、緊張感漂う内容で約3時間に渡り実施され、改めて全職員にて万が一に備えることの必要性を認識しました。

会津若松市総合防災訓練

会津若松市総合防災訓練2010年8月27日
会津アピオ付近にて

会津盆地にて大地震が発生し市内のライフラインも被害を受け各防災機関、各種団体と連携を取り 都市ガス管の早期復旧を図ることを目的に行ない、9名の社員が参加し迅速な修理作業を行ないました。

ページトップ