キッチン編

台所(キッチン)で地球に優しく

お湯は使う都度沸かす

電気ポットによる長時間の保温は意外に電気を消費します。お湯を「使う都度」コンロで沸かした方がお得です。

火にかけるときは鍋底の水滴を拭いてから

鍋底の水滴を蒸発させるための、余分なエネルギーを節約しましょう。

お鍋のふたを上手に使いましょう

お湯を沸かすときは、鍋にふたをすることで早く沸きます。また煮物をするときは、落としぶたを使うと、鍋の熱を有効に利用でき、味もしみ込みやすくなります。

バーナーのお手入れも忘れずに

バーナーが汚れたままでは効率が悪くなります。時々お手入れをしましょう。お手入れ後は、ゴトクやバーナーを正しくセットしましょう。

ガス調理機器も効率がアップしています。

調理機器の効率アップについて

毎日お使いいただいているガスコンロは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づき、エネルギー消費効率の目標が定められています。
エネルギー消費効率とは、エネルギーがどれだけ有効に利用されたかを示す数値で、現在市販されているガスコンロの多くが目標の効率に達しています。

ガスだから省エネルギー

電気は発電時に熱を捨てたり、送電時にロスがあります。ガスならエネルギーがそのままご自宅に届くから、ガスコンロのエネルギー利用効率は電磁調理器より優れています。

コンロの買い換え時には ここをチェック

●ガスコンロのカタログや展示品の近傍には、エネルギー消費効率が示されています。表示された数値を参考に高効率なものを選びましょう。
●エネルギー消費効率は、ガスコンロ、ガス温水機器(給湯器、風呂釜)、ガスFF暖房機をはじめ、身近な家電製品、石油機器にも表示されています。

効率だけでなく機能性もアップ

ガスコンロは効率がアップしているだけでなく、安全機能や便利な機能が搭載されている機種が数多くあります。

ガラストップコンロ…美観に優れ、お手入れも簡単です。
天ぷら油過熱防止装置…油の温度が上がりすぎる前に自動的に火が消えます。
温度調節機能…鍋底の温度を検知して設定した温度を保ちます。
消し忘れ防止機能…点火後、一定時間で自動的に火が消えます。
立消え安全装置…万が一、火が消えてしまった場合、ガスをストップします。現在市販されているすべての家庭用途のコンロに搭載されています。
上記以外にも様々な機能があります。

ページトップ